ぽらぽら。音楽制作セミナーイベント「~パンダでもわかる?!~ なぜなぜちゃんスクール!!」2/5(日)開催

次の水曜は二水vol.4な私が螢屋です。「パンダでわかる」シリーズ(ELECTRIBE MXのとか)のぽらぽら。さんが、音楽作ってみたいひと向けのイベント「~パンダでもわかる?!~ なぜなぜちゃんスクール!!」を開催されます。

【ぽら企画!!】
~パンダでもわかる?!~
なぜなぜちゃんスクール!!

~パンダでもわかる?!~ なぜなぜちゃんスクール!!
日時: 2017年2月5日(日) 16:00開場 16:30開始
場所: 早稲田 茶箱
Ticket: ¥3,000 (1drink込)

■レクチャー
ぽらぽら。
Yasushi.K(pLumsonic!)
里本あすか(Pastel Pants)

■トーク
SLF(その名はスペィド)
JUN FANTATHEATER

以下、ぽらぽら。さんご本人のツイートへ。 (続きます)
続きを読む ぽらぽら。音楽制作セミナーイベント「~パンダでもわかる?!~ なぜなぜちゃんスクール!!」2/5(日)開催

おそらく世界最初のNutube搭載サードパーティ製品(キット)が出てた、夏コミで。早いよ。

私が螢屋です。今回もタイトルでお伝えしたいことの8割を言ってしまうスタイルでお送りしております。

KORGとノリタケが開発した現代の真空管Nutubeは、真空管自体や採用試作品はこれまで何度か表に出てきているものの、長いこと製品としての販売に辿り着けていませんでした。それがようやく先週のMaker Fair Tokyo 2016でNutube単体(Nutube 6P1)とNutube搭載ヘッドホンアンプ組立キットが数量限定で先行販売されたばかり。ところが一週間経ったばかりの日曜日、コミックマーケット90で早くも出てました、Nutube搭載ヘッドホンアンプ!試作品でなくちゃんとキットとして頒布(≒販売)され、もちろん先週出たキットとは独立の別設計。たまたまスペース前通りかかって見つけました。それがこれです。ばばん。

6P1-HpAmp

このヘッドホンアンプキット “6P1-HpAmp” の設計・頒布者はべー太(@betaEncoder)さん。一見キット価格に「!?」となりますが、どうも使用パーツがオーディオ用に厳選されているらしい(このでかい金のコンデンサとかいくらするんだ…)のと、そもそもNutube自体の価格が先行販売の場合でゲー千円と、原価かかってるようです。回路図、基板データはcircuitmakerで公開されてるようなので、そちら側に興味のある方は探してみるといいでしょう。バッテリーは保たないイメージのある006P型の9V電池、でもこれ当日つけっぱなしで変えていないとのこと。すげえなあ。

あ、当方ではNutube搭載コンプ/プリアンプもお待ちしております、誰に言うでもなくしかし視線は京王線の分岐先方向を眺めつつ。ではまた。

electribeの同期とMIDI変換ケーブルを少々

公開時刻が0分丁度の時は基本的にタイマー仕掛けている私が螢屋です。今回はelectribeのテンポ同期とMIDI接続の話を少々。electribe/volca/monotribe間での同期の基礎知識ですが、最後にvolca/monotribe改造向けのネタも。

続きを読む electribeの同期とMIDI変換ケーブルを少々

electribe特集まとめ:「電磁マシマシ」編

予約注文していたelectribeは土曜に受領いたしました私が螢屋です。

electribe特集まとめ、先日の「DTMステーションPlus!」編に続いて、「電磁マシマシ」編をお送りします。先に申し上げておきますと、電磁マシマシのUstreamでは基本的に番組アーカイブを残しておらず、今回も後追いで観ることはできないようです。ただし関連ツイートは今回も#dg1025公式アカウントによる「20141108『電磁マシマシ』UST記録 – Togetterまとめ 」がありますので、時系列的な雰囲気は感じられるかも知れません。なお今回は実際にCBCさんの九段下のスタジオへ行って生放送(AM波的には収録)を見学してきました(2回目)。

KORGさんからのゲスト出演はDTMステーションPlus!の時と同じく坂巻さん、斉田さんのコンビ。既出の情報もありますが、今回の要点を箇条書きにしておきます。時系列順からは組み替えてあります。

  1. 筐体:
  2.   ・表面はプラスチックですが、中身は亜鉛ダイカストでガッシリしていて重い

  3. 旧ELECTRIBEからの変化:
  4.   ・旧スマートメディア版MX(EMX-1)/SX(ESX-1)発売の2003年から数えると11年ぶりに大きく変わった
        ※MX/SXのSDカード版はマイナーチェンジでメディアと電源以外はハードウェア仕様が特に変わっていなかった
      ・十年経って、ハードウェアがどう使われているのか考えて、曲を完成させるのは諦めて(笑)、得意なところに注力
        パフォーマンスにおいては、パターンを中心にリアルタイムにツマミやパッドでプレイ
        制作においては、songモードを廃止しAbleton Live等と連携し仕上げはDAWで
        いろんなジャンルの音楽において、手早く答えが出せるような音色作り、フレーズ作りを幅広くサポート

  5. 音源:
  6.   ・KingKORGを基にして開発、オシレータなど随所に新開発あり
      ・オシレータはシンセがモデリングによる最大2系統を組み合わせたもの(DUAL-SAWはじめ多数)とPCM(M1 Piano等)、ドラムはkickだけで56種
        ここでひとしきりオーケストラヒットを鳴らして盛り上がる
        EDMによくある、半ば効果音的な楽音も
        こだわりの8bit系オシレータ(開発陣にチップチューン好きが2名もいたとか)で、ハイキー/ローキーでの変化・変調も再現
        pitchだけでなくOSC Editもモーションシーケンス(ツマミ・ボタン操作のRec)対応
      ・フィルターのモデル切り替え(electribe/MS20/MG(LPFのみ)/P5/OB/Acid)
      ・パート毎にインサートエフェクト 最終段にマスターエフェクト

  7. 演奏と操作:
  8.   ・パッドの各種モード。コードモードでは1ボタンで和音が鳴る
      ・グルーヴテンプレート(25種類)はベタ打ちしたシーケンスでもタイミングと音量を所定の型にズラして再生
        パート毎に違うグルーヴテンプレートを入れ、パート別でノリを互い違いさせることもできる
      ・パッドのベロシティはデフォルトoff パートや音色によっては邪魔な場合も多いので
      ・last stepで一部パートのみ短くしてポリリズムに
      ・シンセに凝り過ぎないように、ザッと選択で音が作れるように
        →モジュレーションやエフェクトは美味しいところを組み合わせたプリセットからさっと選んでさっと調整
      ・早くフレーズ作れるように制作のスピード感大事に

  9. DAW(Ableton Live)連携:
  10.   ・songモードを廃止してパターンリアルタイムプレイが楽しい!になったけど制作はどうする?
        →坂巻「Abletonに仲良いやつが居る!」仕上げ工程はDAWに任せよう
      ・Ableton Liveのプロジェクトとしてエクスポート、各パートのループがオーディオクリップとして割り当てられる
        オーディオは普通のWAVファイルなので他のDAWでも使える
        複数パートはもちろん複数パターンに渡って書き出せる(Live上でトラック×シーンになる)
        プロジェクトはAbleton Liveフルver.用とlite用(8パート制限)の2種書き出される
        今回のelectribeにはAbleton Live liteが1ライセンス付属
      ・実際にやってみて
        斉田「開発のやりとりが英語で大変だった」
        佐野「(今試してみて)Ableton勉強しようと思った」
        坂巻「一旦吐き出しがあるのは作業工程に区切りが付いて良い」

  11. パターンを聞いてみる:
  12.   ・EDM VS HOUSEをネタに話が展開
      ・しょっぱなパターン1〜4がEDM (Magician 1〜4 で1曲分)
      ・パターン58〜61がHOUSE (Remember 1〜4 で1曲分)
      ・佐野「Opencarイイ!」パターン131〜133 (いわゆるsanodgっぽいコード感のある曲でmryat氏の作)

  13. 告知:
  14.   ・斉田「昨日の発売日にソフトウェアver.up 1.03が出ました!」

既に判明している情報については、以前の記事を辿ってみてください。カテゴリタグがお役に立てば。それと告知と言えばもちろん↓も。

electribe特集まとめ:「DTMステーションPlus!」編

冬コミC87三日目に受かりました私が螢屋です。

先日のここうさんの記事にありました「DTMステーションPlus!第17回」が先ほど終了しました。もう一度タイムシフト再生視聴可能(事前にタイムシフト予約した会員、またはニコニコのプレミアム会員(有料会員)であれば向こう一週間ほど、だっけかな)ですが、ここでは既出も含め、得られた情報をお伝えします。

KORGからのゲスト出演はお馴染み企画担当(広報じゃないよ!)の坂巻さん、開発担当(手下じゃないよ!)の斉田さん。ニコ生見逃したしタイムシフト見れないけどお二方の手配書お顔だけでも拝見したい、という方はこちら、“四本淑三の「ミュージック・ギークス!」”の「仕様書より開発者の“勝手”信じた、KORG人気シリーズ第2弾」をご確認ください。

さて今回の判明(もしくは確定)情報、相変わらず坂巻節全開だったので逐一これをお伝えしたいところではありますが、どだい(当方の)文章(の力)と限られた時空間では無理な話で、それを楽しみたい方々には今から期限切れまでの間にタイムシフト再生を試していただくしかありません。本稿はあくまで2014年式electribeの要点を箇条書きにまとめておきます。

  1. 筐体:
  2.   ・亜鉛ダイキャスト製で剛性感高く、薄い割に重い
      ・ノブもかっちりしている(たぶん丈夫です)
      ・手前底面のLEDは4灯式
        2灯づつL/Rの2系統になっており、鳴っている音の強さに応じてレベルメーター的に白→緑→黄→赤と光る
        奥(観客側)でなく手前(演奏者側)に付いているのは「プレイヤーが如何にアガれるか」がelectribeの命題であるから
        (プレイヤーがアガって初めて客もアガれる、ということですかね)

  3. 入力:
  4.   ・タッチスケール(設定したキーとスケールでその音程だけが鳴る)はXYパッドとkeyboardモード時の16パッドの双方に効く
      ・ポリ音色に設定したパートではkeyboardモード時の16パッドを複数同時押しが可能(ポリフォニック入力)
      ・同じくポリ音色パートでは16パッド1つ毎に事前設定できる和音入力が可能(Chordモード)
      ・MIDIは鳴っている通りに出力(タッチスケール/ゲートアルペジエータ/和音)
      ・外部のMIDI(キーボード等)から入力も可能

  5. 音源(音色):
  6.   ・音源はKingKORG等をベースに開発
      ・Oscillator:
        Shift押しながらOscillatorノブ回転でカテゴリ毎ジャンプ
        Oscillatorノブは2個までのオシレータの組み合わせがプリセットされている
        EditノブはSYNCやRING等、選択中のOscillatorに合ったものがプリセットされている
        アナログモデリングの他にM1-Piano等のPCMやドラム音もあり
      ・Filter:
        KingKORG同様のモデリングフィルタ(MS-20/MG/ACID等)
      ・Modulation:
        Modulationノブに掛け元(LFO波形)や掛け先等の組み合わせがプリセットされている
          ←このイイ組み合わせを探すのが手間なので事前に組んである
        あとはdepthとspeedで調整
      ・InsertFX:
        パート毎の専用エフェクト(16パートそれぞれに設定)
        Modulation同様にタイプとパラメータの幾つかが組み合わせてプリセットされている
        あとはEditで調整(調整対象がどれであるかもプリセットの一部)

  7. 演奏/シーケンス:
  8.   ・MasterFX:
        出音全体に掛かるエフェクト
        XYパッドでコントロールするmini-KP的な制御
      ・Step Jump:
        パターンシーケンスの一部のstepだけをその場で選んで鳴らす(monotribeやvolcaのアレ)
      ・Event Rec:
        パートミュート等の各種操作情報を記録
      ・Pattern Length:
        パターンの長さ(step数)をパート別でも設定可(ポリリズムが簡単に作れる)

  9. DAW連携:
  10.   ・新electribeハードウェアにはSONGモード無し→リアルタイムにプレイしない部分はDAWで行う
      ・パターンをSDカード経由でableton liveへエクスポート可能(MIDIベースでなくオーディオベース)
      ・エクスポートされたプロジェクトはableton liveのフルバージョン用とlite用の2ファイル
      ・エクスポート出力のオーディオ部分はwavファイルなので他のDAWでも読める(KORG Gadgetと同じ方式)
      ・エクスポートにEvent Recの内容は反映されない(今のところ)

  11. ハードウェア連携:
  12.   ・SYNC端子(3.5mmフォン):
        monotribeやvolcaのアレに同じ
      ・MIDI端子(3.5mmフォン-ステレオ):
        ブレイクアウトケーブル(正規の5pin-DINのMIDIコネクタへの変換)付属
        新electribe同士であればそのままminiステレオケーブルで接続可

ざっとこんなところでしょうか。放送後に他のユーザ(というか仲間内)とやりとりしたのですが、一部機能が奥にある(メニュー階層が最近のKORGガジェットに比べて深い)とかEvent Recがエクスポート非対象とかが引っかかる印象。あと今回の時間枠内ではEvent Recで何ができそうかよく分からず。

既に判明している情報については、以前の記事を辿ってみてください。カテゴリタグがお役に立てば。

なお2014/11/8(土)の電磁マシマシでも新electribe特集の予定だそうです。疑問点を事前に#dg1053で呟いとくといいかもしれません。

上述の「ミュージック・ギークス!」記事内にもあった話ですが、今回もKORG名物アジャイル開発だったらしく、放送中、坂巻さんが斉田さんに「アレ、それ出来るんだっけ?」等の仕様確認するシーンが数度ありました。せっかくなので11/12(水)のelectribe workshop #11では、みんなでそれをやりましょう!

electribe workshop #11