2019年も東北文教祭でシンセサイザープログラミングキャラバン!【台風19号により短縮変更】

10/09に今期最後の二水を控える私が螢屋です。今年も学祭の季節。東北文教大学眞壁研から「シンセサイザープログラミングキャラバン!」のお知らせが出ています。

東北文教祭2019 シンセサイザープログラミングキャラバン!

■名称:
  シンセサイザープログラミングキャラバン!
■日時:
  2019/10/12(土) 11:00-15:0012:00
  2019/10/13(日) 10:0012:00-13:00 [14:00からスペシャルイベント]
■場所:
  東北文教大学 8号館2階 学生共同研究室2 (Google Maps/交通アクセス/キャンパスマップ)
■内容:
  ・KORG Gadget for Nintendo Switchで作曲体験
  ・Scratchで音楽プログラミング
  ・スペシャルイベント「佐野電磁トークライブ」10/13(日)14:00〜台風19号により中止
■開催:
  東北文教大学 真壁研有志 (東北文教祭での出展)

真壁研の主である真壁先生は、シンセ、音楽ガジェット、DTMやプログラミングの教育そのもの、あるいは教育現場への適用・適応をテーマの一つとして持つ研究者でもあります。また我々にもお馴染みゲームサウンドクリエイターであるDetuneの佐野電磁氏は、今年で9連続登壇とのこと。

真壁先生のFacebookでの告知
※Twitterのハッシュタグ#東北文教祭2019でのお知らせ

ではまた。

【追記】台風19号により東北文教祭が短縮実施、これに伴い展示も短縮、トークライブは中止とのことです。

投稿者: HOTARU-YA(螢屋)

長年だらだらとDTMを続けていたが、KORG ELECTRIBE MXの入手をきっかけにダンスミュージック制作を開始。音系同人即売会「M3」へのELECTRIBE持ち込みに飽き足らず、クラブ活動に手を染める。electribe/volca等のガジェットデバイス、M01DやiKaossilator等のアプリを用い、ライブ/インプロビゼーション/DJを織り交ぜたパフォーマンスを行う。 高天原応用通信研究所(TAIL.NET) 創設者兼所長。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください