【雨天により4/29へ延期】DS-10ピクニック2017が4/8(土)に開幕戦

私が螢屋です。DS-10ピクニックのお知らせが今回もwa_ta_na_beさんに代わりnao_21さんから出てますよ!

DS-10 Picnic! お台場会場

2017年4月8日(土)で、いつも通りに、昼前~夕方の自由集合、自由解散、お台場潮風公園は夕陽の塔付近(上記写真)。詳細はTwiPla上の告知ページ(http://twipla.jp/events/249402)にて。

DS-10 Picnic!

僕も後から行く予定です。では。

【追記】雨天により4月8日での開催は延期となりました。

【追記2】その後、4月29日に開幕戦が改めて開催されました。次は夏…ですか?またnao_21(Naoにぃ)さんも直接@ds10jpでツイートできるようになりましたので、そちらのアナウンスも今後チェックしていただければ。

KORG volca sampleに加えて更に新製品とアップデートで(ある意味)秋祭り

今回発表のエレクトライブ(のシンセの方)がただ小文字で “electirbe” と名付けられていてサブネーム(SXとかMXとか)がない、という事実に気が付いて驚愕している私が螢屋です。「Newニンテンドー3DS」や少し遡って「新しいiPad」とかサブネーム無しの製品ブランディングが少しキテる感ありますが、行き着いたかこれは。

volca sample (to be released)

さてここうさん( @kokou_ )が新しいelectribeについて記事出してくれてますが、他にもgroove machineやガジェット系でも発表がありました。

なによりvolca sampleです。まあbass/beats/keysが出た時点で「次はややロービットのサンプラーとか各モデルまとめられるミキサー兼エフェクターが欲しい」みたいな話を誰と(いう相手)はなくしてたこともあって、まあ直球で来たなー、というところです。ちょっと普通の人には想像しづらいだろうところがサンプル音源の流しこみ手段。サイトには今のところ専用iOSアプリで可能、としか書かれていません。スペックを見ると、デジタル(的なものを受けられそうな)入力インタフェースはMIDIかSYNC INしかありません。確かMIDI規格にサンプリングデータを扱う方法の規定が一応あったはずなんですが、iOSデバイスでMIDIを扱うには別途インターフェースが必要になってしまいます。したがって、ファームウェアアップデートと同じく、SYNC INへモデムの変調音(ピー〜ガリガリってやつ)を流し込む、というセンかと思われます。

mini kaoss padは2Sへアップデート。サンプリング機能の充実を謳っています。現在サイトで公開されている動画などではちょっと仕様が不明確ですが、前機種のキュー付mp3再生機能からどの程度踏み込んでいるのか気になる所。

一方、先週のボカロイベントで既に発表、デモされていたのがMIKU STOMP。初音ミクとのコラボは少し前にミクモデルのエレピをファミマかどこかのキャンペーンの賞品として行われていました。まあちょっと手に入れるにはアレコレ敷居が高い感じでしたが、今回はギター向けエフェクターとしての市販。内部機構的にはおそらくポケミクのチップ(NSX-1)と音程検出用のチップの組み合わせでしょう。音程検出はアナログ時代のMS-20からありましたが、今回もモノフォニック(和音不可)です。ただこれ、単音(のメロディ)ならだいたいいけるはずで、おそらくシンセや、プリアンプ等噛ませばマイクでもいけるでしょう。となると結構色々できるはず。

さてtaktileシリーズのiPad対応もありますが、iPadのアプリKORG GadgetとiPhoneでもいけるiKaossilatorはマイナーバージョンアップ。音源の種類がアプリ内課金で増やせるようになったり。というかバージョンナンバー上はパッチレベルのアップデートですが使い方によってはでかいのがAbleton Live連携(エクスポート)。特にiKaossilatorはパターンシーケンサに当たるものだけでソング的な機能がなかったため、「単体では楽曲完成までもってけない」とお嘆きの向きにはおすすめできそうです。単体で何曲か出してる僕でも更に音を増やすor整理するにはDAWや外部のサンプラー等を使うことになるので、これは有難いです。Live連携は新しいelectribeとelectribe sampleでも押し出されています。

korg-electribe

なお吉例に則り、今回もKORG iOSアプリのセールが実施されています。9月8日までと短いので待ってた方はお早めに。

ざっと駆け足で秋祭りをみてみましたが、皆さんはいかがでしょうか。私はvolca sampleとelectribeとelectribe sampleに誰(のキャラ)を担当させるかで頭を抱えています。では。

M3-2014春 KORG-Users方面まとめ

私が螢屋です。挨拶ネタ切れ…。

M3

ゴールデンウィークへ入る今週末、4/27(日)はM3-2014春でございます。件のリストを用意しましたので、皆様におかれましては一つよしなに。

M3に出展する、いわゆるKORGクラスタの面々の配置一覧です。元データはこちら。コピー、プリントアウト、編集などに。
Googleスプレッドシート: https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0Ag0XKbqnmQ9hdHNESXBqTkhQRnZCZmZyOUNpTW43ZEE

なおワタクシ螢屋の高天原応用通信研究所では第一展示場O-05aにて、持込機材のvolca/monotribe/DS-10/M01D等でリアルタイムヘッドホン試聴、機材や使いこなしのセッションを、特にタイムテーブルもなく終日ダラダラと行なっております。ここうさん、わたなべさんにもお手伝いをお願いしてありますので、彼ら目当ての方もぜひ。あと間に合えばなんかCDも頒布ます、たぶん500円くらい。よろしければお立ち寄りを。

ではM3にてお会いいたしましょう。以上、例によってコピペ修正でお送りしました(汗)。

冬コミもあるけど、KORGソフトウェアディスカントもあった。

ごぶさたですいませんが螢屋です。取り急ぎ2点というか3点というか。時間の都合でざっくり箇条書きします。

ゆゆ式 痛volca: KORG volca 3 models with overlays of yuyushiki


■スタジオネネム「東方任天音3 輝-kirari-」出るよ!
KORG M01やDS-10、大合奏!バンドブラザーズなどニンテンドーDS作曲ソフトによる東方Projectカバーコンピシリーズの最新作。かーらーのー。

■東方任天音3に収録「The sage with blue eyes still stands in a bamboo grove」のKORG M01Dのデータをコンピ購入特典として螢屋からお渡しするよ!
経緯とかは高天原研の冬コミ告知を参照。でもって本題。

KORG Legacy Collection
■KORGのソフトウェア群が年末(と年始)セール中
対象は
・ちょくちょくこれまでもやってたiOS群(iMS-20/iPolysix/iKaossilator/iELECTRIBE) 2014/1/1まで
・Mac/Window用のソフトウェアシンセ群とそのセット【KORG Legacy Collection】 2014/1/1まで
・あとエレキギター用のエフェクター/アンプ/キャビネットのソフトウェア【VOX JamVOX】 2014/1/6まで
で、正確なところは上記のリンク参照。

まあiOSのは恒例ですが、私が買おうと思ってるのはLegacy Collectionの全部入りアップグレード(Special Bundle Upgrade for M1 Le owners)。「M1 Le」というソフト持ってるとセール価格¥6,990でごっそり全部手に入るんですが、このM1 LeってnanoKontrolシリーズに前付いてたんで、手元にあるんですよね。でまあ7千円でDS-10とかM01とかiPolysixの直接の元ネタがLogicやLiveで使えるわけだから買っとこうかと。

ちょっと愛想なしですいませんが、ELECTIBE Lifeの2013年記事はたぶんこれが最終です。皆さんよいお年を。

ガジェット楽器系ネットレーベル “Gadgetron Sounds”

めーでーめーでー!私が螢屋です。

ガジェット楽器系ネットレーベル “Gadgetron Sounds(ガジェットロン・サウンズ)” が本日5/1(水)より始動しています。当(まさ)にメーデー。

gadgetron-sounds

サイト開設記念(?)で、まずはレーベルの中の人でもあるacimorph9さんとodradek7743さんの音源がラインナップされています。

上記リンク先サイトのinfoからも読み取れますが、名前の通りガジェット楽器であることともう一つ、ネット上での既発タイトルを蒐集する “hub” であることに、意義を見いだしての活動である模様。ELECTRIBE Life読者諸氏も要注目です。