サイモンガー・モバイル『ファンクで覚えるキーワード』Youtubeで復活

自称三人目のサイモンガーこと私が螢屋です。サイモンガー・モバイルの「ファンクで覚えるキーワード」シリーズが、Youtubeで復活しました。

「ファンクで覚えるキーワード 」Youtube再生リスト

毎度馬鹿馬鹿しいシンプルな歌詞と、KORG M01/M01Dをメインとしたモバイルガジェット楽器を駆使したトラックを特徴とする、夫婦ファンクユニット、サイモンガー・モバイル

以前、掲載誌ならぬ掲載アプリ「さるプリ」のサービス終了に伴い公開終了していた「ファンクで覚えるキーワード」。アプリ内で月一ペースで新作が公開され、3年にわたり全36回ありました。当時、スマートフォンにアプリをインストールする必要があったため、アプリ自体は無料、かつ「ネタ」と呼ばれるアプリ内作品も毎月少しづつ観る分には無料券が提供されてはいたものの、いまひとつ手軽さに欠けていました。

今回はYoutube上で無料公開されているのでそのような心配もなく、ひとに勧めるにもリンク投げるだけでいいので簡単です。当時の36作品から、一作づつ追加されていますので、もう見たという方もまた確認してみてください。

なお、本稿執筆時点で公開中のものから、私お気に入りの「クラウドファンディング」をご紹介しておきます。

も一つ、サイモンガー・モバイルの本領はライブにあります。めっちゃ盛り上がるので機会があれば是非。

関係ないけど音楽ハードウェア機材飲み会「ni-sui(二水)」も定期開催してますのでよろしう。ではでは。

サイモンガー・モバイル『ファンクで覚えるキーワード』完結

自称三人目のサイモンガーこと私が螢屋です。

幾多の名曲を生み出してきたサイモンガー・モバイル『ファンクで覚えるキーワード』が、掲載誌ならぬ掲載アプリ「さるプリ」のサービス終了に伴い、最終回を迎えています。

ファンクで覚えるキーワード「卒業」

サイモンガー・モバイルといえば、なんとも言えない(しかし誰にでもありそうな)ネタを歌詞に、絶妙なファンクサウンドに作り込み、KORG M01Dはじめモバイルガジェットを駆使し活動する夫婦漫才ファンクユニット。2014年には初のフルアルバム「モバイルファンクの頂点」をDetuneからリリース。そのアルバム収録トラックでも近年作曲のものの多くが、実は『ファンクで覚えるキーワード』を初出とし、その後ライブ活動を通じてブラッシュアップされ、最終的にレコーディングへ至るという経緯を経ています。つまり「さるプリ」無くして「モバイルファンクの頂点」は成立し得なかったと言っても過言ではありません。

完結編となった『ファンクで覚えるキーワード』最終回は数えてみると第36回目。月イチで丁度三年間、作詞作曲演奏録音、そして映像の撮影を続けてきたことになります。全36曲。「さるプリ」自体は5月末まで閲覧可能で、閲覧に必要な専用アプリはiOS版とAndroid版が出ています。『ファンクで覚えるキーワード』やその他のコンテンツ(さるプリで言う「ネタ」)の再生はチケット制ですが、確か初回は何回分かの無料チケットが付いていましたし、時折流れてくる共有リンクに先着で無料閲覧権が付くので、ちょっとみてみるのもいいかと思います。

サイモンガーさん、嫁モバイルさん、監督の小松さん、おつかれさまでした。

「volca work shop」にて、Yebisu303とR-9のライブが見れる

volca workshop #01
volca workshop #01

残り10日を切りました「volca work shop」。「みんなでvolca持ち寄って遊ぼうよ!」っていう以外に、既に手に入れた方のライブを用意いたしました。既にvolcaを使用している方のテクニックを見ることで、さらにVolcaを使いこなす糧にしていただければと思います。

現在決定しているライブはYebisu303さん、R-9の二人です以下の二人以外にも交渉を行っています。こうご期待!

■Yebisu303
DS-10で知り合った恵比寿さんですが、303等を使ったハードウェアライブに定評があります。M3などで、303コンピ「TB or not TB」に参加されていたりします。今回は改造したvolcaを持ち込み「パラアウト&MIDI OUTを増設したvolca beatsの、ドラムマシン&パターンシーケンサーとしての優秀さ」を伝えていただけるみたいです。改造したvolcaに関しては、こちらの動画も確認できます。

sound cloudにもトラックが上がってますので、こちらもチェックしてください。

■R-9
以前からここうが仲良くしていただいてる方です。presenceというハードミニマルコンピや、最近は「body inform」というプロジェクトをやっていらっしゃいます。volcaも前のめりで購入、頻繁にトラックを上げていただいています。音に対する姿勢がとても真摯な方です。

R-9さんのsound cloudはこちら

「Volca work shop」は8/1(木)、20:00~ entry 1500yen/1Dとなっています。

volcaで気になった動画5本

volca_imp130511
どうも、提灯記事でも書いてくらせるものなら、そうしたい。ここうです。

日曜日にvolcaが発売となって、各自、予約などされた方は確実に手に入れたものと思います。electribe.jpでは、螢屋さんが手に入れましたが、ここうは見事に難民です。そんなわけで、たとえば触ってみての感想とか、動画を上げるとか、そういうのができずに居ます。

そんな悔しさを武器に、もう既にいくつか上がっている動画の中から、面白かったものを5つほどピックアップしてみました。

続きを読む volcaで気になった動画5本

ところでじのんさんのDS-10&M01 EPのDSMは前から無料でも貰えた件

おはやーす。GW後半戦です。螢屋です。
昨日のAero Finbackさんの記事書いててもうひと方、紹介しとかんとなー、というわけでXinon(じのん)さんの DSM -ds music- です。

チップチューンの著名アーティストである彼ですが、その活動はGB実機での楽曲制作とパフォーマンスに留まらず、DS-10やM01やEMX-1なんかもトライされています。まあ例によって記事タイトルで言いたいことは言い終わってますが、改めて書きますと、氏が以前作っていたKORG DS-10及びM01のトラックを、7曲まとめてbandcampに公開されてまして、これの価格設定が “欲しい奴は自分で値段書け(但し下限は0円)” になってます。

ついでにというか記事書くのに氏のsoundcloundみて思い出したんですが、アルバム Lunar Eclipse ではワタクシもボーナストラックにRemix(というかアレンジ版)で1曲参加しています。こっちは確かもうCDは完売で、iTunesとかの配信に移行してたはず。では流れるように我田引水したところで本日はこれまで。