Aki-Bugにまたもや中村番台が

どーこの誰かは ふーがふんがー だーけーど
ぶーぞーくはみいーんな しぃーぃてーいーるー

というわけであのELECTRIBE SX使い「中村番台」が秋葉原で行われるオールナイトイベント「Aki-Bug R」に出演することが判明して驚愕と諦観に覆われた私が螢屋です。まあもう出落ちというか分かる人に必要なことは書いたしもういいかという気持ちを抑えつつ、そんなやつ知らんとおっしゃる方々も想定し念の為にざっと知る限りの情報を。

中村番台は、チャフを吹きつつを迎撃ミサイルを打ち出す未確認艦艇がごとく、欺瞞情報で実像が掴めないサンプリング・アーティスト。ここ数年、東京・神奈川で出現が確認されている。ディスクも発表しているが、曲名等の文字情報がタイ語(?)である辺りも入念な偽装であると思われる。そのパフォーマンスを観た人々は歓喜し、終了後に内容や印象を問われると誰もが「ヨカタヨー、ぼくーラげーむダイースキー、ネー」「古イげーむスパラシイ」といった具合に片言で返してくるという。何かの洗脳であろうか。いずれにせよ、これは観て確認せねばなるまい。

……冗談は寝て言うべき。

さておき、こなれた百戦錬磨のオーディエンスを前に、ESX-1でどうノセていくか。その解の一つが見得ると思います。前回の出演を目の当たりにして経験しました。同日は日中にDS-10宇都宮ピクニックもあります(schedule参照)が、充分移動可能なので都合つく方は是非、そうでない方もどちらか覗いてみるといいんではないでしょうか。

Aki-Bug RはAKIBA PLACE 5Fで6/16(土)22:00スタートです。

投稿者:

HOTARU-YA(螢屋)

長年だらだらとDTMを続けていたが、KORG ELECTRIBE MXの入手をきっかけにダンスミュージック制作を開始。音系同人即売会「M3」へのELECTRIBE持ち込みに飽き足らず、クラブ活動に手を染める。electribe/volca等のガジェットデバイス、M01DやiKaossilator等のアプリを用い、ライブ/インプロビゼーション/DJを織り交ぜたパフォーマンスを行う。
高天原応用通信研究所(TAIL.NET) 創設者兼所長。