はじめます:毎月第2水曜日はシンセ機材飲み会ni-sui(二水)

私が螢屋です。@ELECTRIBEjpでは既に告知を回していますがサイト側ではしてなかったというかサブドメイン作ってそちら側でしててこっち側だけ見てると気づかないよなあああしまった!というわけで定期イベント「ni-sui(二水)」のお知らせです。

YAMAHA SHS-10 red model

まあ要は打ち込み楽器好きの為の飲み会、趣旨として機材持ち寄って音出したりいじったりほかの人がどうやってっか見てみたり聞いたり聴かせたり。ELECTRIBE Workshopとの違いは機材の間口が広いこと、そして何より月イチ定期開催であること。毎月第二水曜日開催なので “ni-sui” です。オープンマイクならぬオープンプラグもあるので買った機材や誰かが持って来た機材を茶箱のレイオーディオで鳴らしてサウンドをチェックするのもアリ。

来週10/12(水)、早稲田は茶箱での当イベント第1回の詳細はni-sui公式サイトにて。よろしくお願いします。

electribe workshop #11 のお知らせ

M3も来週ですが私が螢屋です。で、2014年11月6日(木)を改め日付再確定、2014年11月12日(水) electribe workshop #11 を開催します。イベントページにちゃんとまとめて書くようにしていきますが、こちらでもお知らせ。

新しいelectribe出るから、
ワークショップやるよ。
volca sampleも出るから、
ワークショップやるよ。

electribe workshop #11

electribe workshop #11 開催!

date: 2014/11/12(Wed) 20:00~22:00
fee: 1,500yen/1D

※バー営業時間内に行います。
※バー営業は19:00~24:00です。先に入ってお酒を飲んで待っていると幸せです。
※内容によって、時間が前後する可能性があります。

■音楽喫茶 茶箱@早稲田 (東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩5分)

詳細はしばし待たれよ(出演者とか交渉中)

回る食卓とガジェット楽器 ≪ DS-10 Picnic! 屋内打ち上げ

先日のDS-10 Picnic!の屋内打ち上げ組のちょい見せです。

回していくとどんどんサラウンド効果が変化していきます。
マイク経由なので動画では伝わらないと思いますが、
生で体験すると結構幻想的でした(周辺の酔っぱらい除く)。

ELECTRIBE & volca workshop 結果速報

M3直前の私が螢屋です。

ELECTRIBE & volca workshop おつかれさま&ありがとうございました。追ってここうさんからまたあるとおもいますが、差し当たり当日の模様を出しておきます。

■セッティングした中央の機材テーブル(写真:hyper_bokun)

↓そしてちょいみせ動画とか↓
続きを読む ELECTRIBE & volca workshop 結果速報

volca workshop 終了!

volcaWS

いや、ちょっと間が空いてしまいました。仕事とか、世界樹とか銀銃とかね(逃亡)。volca workshopお疲れ様でした。図太い音にまみれた、濃密な2時間でした。

BakaOscillatorさんは、volca3台+monotribeを使った見事なライブを見せていただけました。1小節~4小節までしか使えないvolcaシリーズを、パターン切り替えをすることで見事な展開を生み出していました。パターン切り替えを指一本で行うためのゴム足作戦が光っています。再現ライブがyoutubeに上がっていますので、行けなかった!ってひとや、もう一度みたい!という人は是非。VOXのヘッドホン・ギター・アンプを使うっていうのも面白かったです!。

R-9さんは自身で作った、茶箱10周年用に作った、自身の音源を発表しつつ、VolcaをEA-1に差し込んで波形追加+ディレイ追加という提案をしてくれました。electribeとのタッグも是非見てみたいですね。

螢屋さんは、midiを使って3台のvolcaを連携させるプレイ。。。。をそっちのけで、自身の「ゆゆ式」痛volca自慢というか、ゆゆ式について語るというまさかのにゃんぴょうスタイル。。。。うそです。もちろん最後はちゃんとVolcaをYMOの3人に見立てたライディーンの演奏を見せてくれました。

Yebisu303さんはパラアウトしたbeatsをエフェクトに繋いでのドープなライブ。こちらも同じ曲がyoutubeに上がっていますので是非。ちなみにYebisu303さんも痛volca

開発者KORGの坂巻さんも遊びに来てくださいました!今回は痛volcaから、最近のアニメがどうとかいう話を経由しつつ、volcaの開発秘話についてもいくつか教えていただきました。実は今回、volcaのsinc端子は、スタートが同期しない(三つ同期するために、再生ボタンを同時押しする必要がある)のですが、これ、わざとなのだそうです。そういえばmonotribeは同期したのになーと思ったら。なんでも、時間軸に沿って作曲するDAWと、リアルタイムで演奏をする楽器の中間、シーケンサーでもない、生演奏でもないものを目指したとか(細かいニュアンスは違うかもしれないですがこのような事をおっしゃっていました)。毎回そうなんですが、本当に自分たちの作ったものを楽しそうにお話しますね。

そんなこんなのvolca workshop。次回は10月に予定をしています。次はelectribeも混ぜていきますよ。タイトルどうしよう。。。

その前に、8/12にplay volca!です!僕も行きます!まだ持ってないけど!!!