electribe、発売前にファームウェアアップデート

electribe2_M3 こんにちわ、electribeの発売日を前に、続々と上がる『購入したよ』ツイートを、自らtwitter検索しては嫉妬のして枕をしっとり濡らしています。ここうです。発売日を明日に控えたelectribeですが、korgのサイトでファームウェアのアップデートが公開されています。ちょっと何を言っているのか解りませんが、様は皆さんか僕に内緒で購入されたelectribeはバージョンが古いって事です(精一杯の悔しがりです。見逃してください)。

アップデートによる修正は以下の通り。

  • パターンチェンジ時の発音をスムーズにしました。
  • Audio Export 機能の精度が向上しました。
  • Shiftボタンとトリガー・パッドを押してのショートカットに対応しました(パラメーターガイド を参照してください)。
  • その他軽微な不具合を修正しました。

公開されているパラメーターガイドに書かれていたトリガーパットを使ったショートカット、「最初から使えねえのかよ」って思っていたら、使える様になりましたね。それと、ツイッターで「これはねえんじゃねえの?」って話題にになってたパターンチェンジ時の音飛びが解消されたみたいです。明日購入される方は早速バージョンアップされることをお勧めします(*n’ω’n)

electribeは11/8発売、実売47,000円前後です

気になる方は、「実機に触れる」electribe workshopが11/12 20:00~開催! 茶箱にて!

 

 

electribe買った人は「パラメーターガイド」を読もう

electribe2_withoutparamguide.jpg

螢屋さんのelectribe到着は月曜日の様で。。。electribe.jpの新型electribe体験は皆さんより遅くなりそうです。ここうです。ぼちぼちelectribeの購入報告が上がっているのですが、一点、最近のKORG製品(ちょっと高めのもの)を買っていない人が陥りそうな罠があったので、早朝飛び起きて記事書いてます(正しくは二度寝を廃して)。

今回、マニュアルには「取扱説明書」と「パラメーターガイド」の二種類あるというのは既報の通りですが、この「パラメーターマニュアル」。本体購入時にはついてきませんすいません、知らなかったんですが、そもそも、「KING KORG」等の最近のKORG製品はみんな「取扱説明書」のみで、「パラメーターマニュアル」は付属していない様です。確かに公式サイトにも「付属品にパラメーターガイドがある」とは書いていません。

このパラメーターガイド、先述のとおり、割と大切な詳細が書いてありますし、マニュアルには「パラメーターガイド参照」とか書いてあるので「パラメーターガイド、とは?」ということにならないよう、お気をつけてください。

それと昨日の補足で。現在の購入時のelectribeのバージョンでは「パラメーターガイド」に書いてあるshift+パットのショートカットはまだ無効だそうです。そもそもこれが知りたくて、フライングした方に聞いたら「パラメーターガイドは付属しない」という事が発覚したわけですが(山田さん、ご協力ありがとうございました)

やー、僕も知らなかったわ-、よかったわー、フライングで買ってたら悩んだわー(悔し涙を流しながら)

electribeは11/8発売、実売47,000円前後です。

マニュアルにも載ってないならみんなに聞こう!electribe workshopが11/12 20:00~開催! 茶箱にて!

 

electribeのマニュアルが公開と、フライング販売情報【11/7追記】

electribe2_M3

  • 三行で。

(1) マニュアルがpdf公開されてます
(2) マニュアルから判ることまとめ
(3) フライング販売情報

(1) マニュアルがpdf公開されてます

 いよいよ発売まであと2日となったelectribeですが、KORGのサイトでマニュアルが公開されています。公開されているマニュアルは「取扱説明書」と「パラメーター・ガイド」の2つ。

electribe 取扱説明書
electribe パラメーター・ガイド

「取扱説明書」は、音を鳴らす方法、パターンを切り替える方法、同期の仕方などを、まずは買ってから簡単に使いたい人向け。「パラメーター・ガイド」は音色やエフェクターの種類、メニューの細かい説明等、もうちょっと便利に使いたい人向けとなっています。

(2) マニュアルから判ることまとめ

マニュアルをざっと見て、気がついたことをまとめます

  • move data(move/repeat/randam)が無い。
  • shift noteが無い
  • soloも無い
  • knob modeで、ノブの位置と実際のパラメータに相違があるときの動作が設定できる(jamp/catch/value scale)
  • 同時発音させない設定は切り替え可能だが、13-14と15-16のみ(自由に設定できる訳ではない)
  • 同時発音数の上限に達したときに、優先的に鳴らすパートを設定できる(パターン毎に設定可能)。
  • メニュー階層に簡単にアクセスするために、shift+パットでショートカット可能(購入直後は不可。ver 1.03以降対応です)
  • Waveやliveの書き出しは、パターンセットを連続で指定して書き出し可能。複数パターンを繋げたwaveとして書き出し可能です。
  • ソングモードは無いけど、イベント・レコーダーで、似たような事はできそう(但し、一発録り)

「EMXで出来たけど、electribe2でできない」ものを赤くしています。「knob mode」が嬉しい反面、move dataの廃止は地味に痛いです(ただし、マニュアルから読み取れないだけで、実際には可能という可能性もあります)

(3) フライング販売情報

そんなelectribeですが、実は都内の楽器店で既に売られていたらしいです。

しまった!こんなことなら予約するんじゃ無かった!!!!。僕のelectribeは土曜日の入荷なのですが、予定の問題でヘタをうつと、触れるのは日曜日になるかもなのです。。。とほほ。

electribeは11/8発売、実売47,000円前後です

気になる方は、「実機に触れる」electribe workshopが11/12 20:00~開催! 茶箱にて!

 

electribe2 触ってきました

electribe2_M3
先日行われた「音系・メディアミックス同人即売会(M3)」にて、新型electribe(海外ではELECTRIBE2とか呼ばれているみたいです)が展示されていました。これは、毎回企業として参加しているKORGブースで展示されていたもの。electribe.jpとしては、この機会を逃すわけにはいきません。早速触ってきました!!!。既存のELECTRIBEとはかなり操作系が変わっているので、最初は戸惑いましたが、15分ほどで慣れる事ができました。「リアルタイムに、音を弄っていく感覚」は健在で、むしろ大きめのパットによる入力が可能になりさらにパワーアップしました。

人が並んだり消えたりするなか、がんばって30分ほど弄って判ったことを。

■ボリュームと、ロータリーエンコーダ
つまみは、切りかきのある一回り小さいつまみがボリューム(最小7時の方向から最大5時の方向まで300度ほど回るつまみ)、切りかきのない一回り大きいのがロータリーエンコーダ(際限なくぐるぐる回るつまみ)です。つまり

・際限なく回る
ディスプレイ右脇のメニュー用のつまみ、Oscillator、Filter。Modulation、InsertFx

・限界以上回らない
上記以外。

 気になるのは、FilterのつまみがどうやらDepthなですが、これがロータリーエンコーダってこと。一気に上げ下げするにはちょっと難しい仕様です(shift押しながら回せば、一気に上げ下げは可能です、分解能はさておき)

■パート選択
パート選択はパートキーを押してから、下部の16個あるパットで選択できます。パートキーには左右あるのでこれをカーソルキーの様に使うことも出来ます。青が今選択中のパートで、赤がそのタイミングで鳴ったパート

■「Part」~「Chord」
パットの上にある「part mute」~「chord」なのですが、これらでパットの機能を選択できるようです。

  • 「<Part」「Part>」:パートの選択(16個パートがある事になります)
  • 「Part Mute」:パートのON/OFF。shift押しながら「Part Mute」でミュートの解除
  • 「Part Erase」:パットを押している間に鳴っている、そのパートのシーケンスデータの音符を削除できます。
  • 「Trigger」:パットに割り当てた音が鳴ります。MPCみたいな使い方が出来る!シンセパートは特定の音が鳴るみたいです。
  • 「Sequencer」:パットを16分音符のマス目に見立ててエディット出来ます。EMXの使い方です。順序は上段→下段
  • 「keybord」:パットをキーボードに見立ててリアルタイム入力出来ます。どこがド(C)になるのかは判らず。キーとスケールの設定項目はありましたが中身見る前に時間切れ。
  • 「Chord」:コード入力できます。この辺もちょっと使い方判らず

 

■右下のパッドは同時に鳴らない?
右下の13・14と、15・16番目のパットに割り当てた音は、デフォルトでは同時に鳴りません。EMXの6A-6B、7A-7Bと同じ。ただこれ、グローバルセッティングで解除可能だそうです(@Yasushi_Kさん)

■最大長は64step
Amp/EGの下にある「1」~「4」のキーが、小節を表している様です。青LEDが「今鳴ってる小節」赤LEDが「今編集中の小節」。16step × 4で、最大64step。LENGTHはやっぱりメニューの中にありましたが、再生中に変更が可能でした(EMXでは再生を止める必要があった)

■5万円。
その場においてあったチラシに、しれっと価格が書いてありました。ごまんえん。実売は幾らぐらいでしょうね。

ざっとみたところはこの程度です。気になったのは、ほとんどのボタンの大きさが均一の為、押し間違いや混乱がありそうだというあたり(特に、part eraseが指1本でできてしまうのはちょっと怖い、shiftキーが他のボタンに埋もれてて、素早い操作には向かないと思った)でしょうか。

ディスプレイが大きく、見やすくなったのは本当にすばらしいです。音色選択にカテゴリがあるのも、初心者には嬉しいなー。

 

electribeは、50,000円で11月上旬発売予定です。

興味のある方は是非 11/12日、「electribe workshop」へお越しください。実機、いじれます!