「WAVEDRUM Mini」に国内限定の新色「Yellow」が登場

WDminY
 たたき始めたら止まらない、小さな筐体に面白サウンドを詰め込んだパーカッショントイの「WAVEDRUM Mini」に、国内限定の新色「Yellow」が登場しました。色々な業態で良くある「てこ入れ」の一環と思われます。ちょっと、「やっぱ楽器だよなー」っていう外観から一気に「おもちゃっぽさ」を前面に押し出したポップな色使いはちょっといいですね。

 しかし、今気がついたんですが、WAVEDRUM Miniの動画にハラカミさんが登場していたんですね「あれっ、WAVEDRUM Miniってそんなに前だっけ?」って確認したら、亡くなる一ヶ月前の動画でした。楽しそうにWAVEDRUM Miniをたたく姿に見入ってしまいますね。

WAVEDRUM Miniは13,000円前後で発売中、限定版のyellowは19,000円前後で6/23日発売です。

ぽらぽらさんのパンダでもわかるシリーズ(エレクトライブほか)

ちょっとずつM3の後始末中の螢屋です。なんとなくご紹介シリーズが続いていますが、今回はぽらぽらさんです。

「パンダ デ テクノ」を標榜するユニット「posimo」のぽらぽらさんは、先日のM3-2013春でも新譜「SWEET GIRL」をdropされてるわけですが。↓コレね。

我々ELECTRIBE Lifeとしては、彼女の活動の中でも地道に継続されている「パンダでもわかるエレクトライブ」はじめ、パンダでもわかるシリーズを推さざるを得ません。

パンダでもわかるエレクトライブ

「パンダでもわかるエレクトライブ」は、KORG ELECTRIBE MXことEMX-1を、項目毎に一頁づつ割いて写真とご自身のイラストで分かりやすく構成された入門記事。特にイラストは、機材の構成要素を擬人的にパンダのキャラクターへ割り当て、その動きで機材の機能や操作を解説しているのが特徴的。いやまあこれ以上文章で言っててもしょうがないので見てください。

EMX-1の他にもKORGブランドの楽器が幾つか対象になっていて、更新は不定期っぽいですが、既にかなりの記事数になっています。本稿執筆時点で以下のパンダでもわかるシリーズが展開されています。

入門記事といいつつ、ひとの目線で改めて見ると新たな発見とか(えーそれ知らんかったとか)もよくある話ですし、こういう機材使ってるとひとにアレコレ質問されたり(そして分かってるはずでも上手く答えられなかったり)なんてこともあります(主に筆者が)。一度どんなもんか見てみることをオススメしておきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。