KORG iPolysixの登場とKORG iOSアプリ年末セール

そもそも同時期に似たテイストの外観で KORG Mono/Poly てのが在ってだな…といった話はさておいて私が螢屋です。記事起こすのがすっかり遅くなりましたが先週、iPad用アプリ “KORG iPolysix” が登場しました。現在、発売記念価格で税込1,300円。

iPolysix

元となったPolysixは、アナログシンセ6ボイス分をデジタル制御する、当時最先端の楽器でした。歌謡曲(当時J-POPという言葉は無かった)なんかにも使われていた気がします。で今回のiPolysixはどうかというと、これまでの一連のKORG iOSアプリの出来の良さからも想像できるでしょう。サウンドのキャラクターは当然元のPolysixに基づいているのでこれまでと違うのもまた当然、この辺はデモを聞いてもらうなり実際にアプリに触れるなりしてみてください。根本的な思想/仕様は受け継がれていて、例えばWISTやsoundcloudなんかにも対応していますし、エフェクタ付き、シーケンサはパターンを組んでソングに並べる方式。一方でユーザインタフェースが整理、変更されていて、パターンシーケンスはiMS-20での「ツマミで音程(音階)を表す」方式から、「ボタンがマトリックス状に並んでいるけど事実上ピアノロール」方式になっています(これが一番ありがたい変更だったわー)。

早速一曲作ってみました。iPolysix内からはsoundcloud経由のREMIXボタンでソングデータ取得できるように許可してありますんで、どういう作り方してるのか興味ある方はそちらもどうぞ。


公式のデモソング
にはヨナオケイシ氏、iNALOG(DS-10 Dominator)氏、koishistyle氏も参加されてますので、未聴の方はぜひ。

====

それとKORGはiOSアプリ群を50%オフセールしてます。年末、2012年12月31日まで。iPad持ってない場合でも、iKaossilatorなんかはiPhone/iPod touchで動く(あんま古いモデルはダメです)ので、試してみるのもいいんじゃないかと。

iKaossilator UNICORNをざっくりと

前記事で呼ばれて飛び出ました私が螢屋です。というわけでユニコーン化されたiKaossilatorについて。ただしユニコーン化といってもカンダムは無関係ですよ(今これ書いてるGoogle日本語入力へのツッコミ)。

iKaossilator UNICORN
【追記】ライセンス契約の終了により、新規購入や再ダウンロードはすでにできなくなっています。

まず最初に前提として、このアプリは楽器ではなくリミックスツールで、アーティストのファンに向けたグッズです。今回はユニコーンの楽曲から2曲を、2小節〜4小節程度、メンバーの5名に応じて5パートに分けた形のループとして収録されていています。ループの入れ替えや追加はできませんし、外部への録音・書き出しなどもありません。ここの辺りは押さえとかないと後でムキーとなります。

iKaossilator UNICORN

全体的な出来としては、本来のiKaossilatorから更に機能を絞り込んでホントの素人でも迷いなく遊べるよう配慮しつつ、触った時の反応とかの心地良さを発揮しています。手触り(タッチに対する音と光のフィードバック感覚)の良さは、さすがに楽器アプリの作り込みに慣れた開発陣の経験値を感じさせます。この辺りは大手ゲーム会社のアプリからも受ける感覚ですね。スマートフォンアプリの開発、特にコンシューマ向けの開発、それとそれらを発注して実際に売る側のひとはひとつの指標として念頭に置いておくべし。誕生秘話によると、デザインはアーティストサイドの役割が大きかったようです。

機能絞込みの話で言うと、パートミュートはパートを担当するメンバーのアイコンを触るだけでON/OFFできるようになっていますが、オリジナルではソロとの使い分けの都合上アイコンのフリックになっていました。また、録音ボタンはありますが、トラックがイベントベースのもの一つだけなので、楽器を一つ録音した後に別の楽器を録音しようと他の楽器に切り替えると、既に録音したフレーズが切り替え先の楽器で鳴ります。その他諸々、アプリをよりシンプルに修正していくのにだいぶ労力掛けてるみたいで、これも誕生秘話に目を通しておくことをおすすめします。

iKaossilator UNICORN

なお、ちょっと気づくのが遅れたのがループの切り替え方法。メンバーの横列の左、(>)アイコンのタップで、オリジナルのiKaossilatorのループセレクタと同様の切り替え領域が出現します。これとミュートのON/OFFで基本的な展開を作って、楽器ボタンとパッドで茶々入れするってのが、他人に見せて効果的な(つまりカッコつけやすい)やり方かなー。

まとめとしては、

・ユニコーン好きな人に僕から言うことは無いっす。存分にお楽しみを。
・楽器/機材アプリではないのでそこ間違えるとめんどくさいことに。
・iKaossilator使ってる人で「物事の割り切り方」を知りたい人にもおすすめ。

なんか分かんない事あったら、今日(2012/11/3)の芋煮会にたぶん居るので直接聞いてもらってもいいすよ。僕も分かんないって一緒に悩みます。

ユニコーン の楽曲が使えるiKaossilatorが発売


近頃なにかとコラボを実現させ「ひょっとしてこれは節奏がないのでは?」と思わせるKORGがユニコーンと組みました。今回のコラボ商品はKaossilator。あ、iの方です。iKaossilatorの方です。

 「iKaossilator Unicorn」はご存じiPhone/iPadで遊ぶシンセサイザーアプリ「iKaossilator」に、ユニコーンの新曲のリミックスから厳選したループを入れたもの。奥田さんの声をシンセにしていたりするのでしょうか。気になります(相変わらずiPhone持っていないので未確認です。助けて!螢屋さん!)

 あわせて、通常版「iKaossilator」も50% offの750円になっています。「これで曲を作れます」とは言いませんが、音で遊ぶ、まさに「音楽」という様なアプリなのでおすすめです。これを機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

「iKaossilator Unicorn」は450円で発売中です。あれっ、通常版より安い!?

M01半額本日8/19まで、KORG iOSアプリ半額明日8/20まで!

半額神が舞い降りた!そして私が半額神でも何でもない螢屋です。

KORG M01

ホリデーっぽいシーズンになると割り引かれるDetuneさんのKORG M01の公式販路(アマゾン専売)価格ですが、やや長めに解釈してお盆期間の終わりたる本日8/19(日)まで、半額の2,990円となってます。そして例によって在庫払底してて別の中古販売が表に上がってますが、これまた例によって本日中に「新品の出品」→「(販売/出品が)Amazon.co.jp」の2,990円表示から発注すれば後日ちゃんと半額で決済、発送される模様。

まあ何はともあれ公式の佐野さん告知を:

—-

それとKORGさんのiOSアプリも半額、こちらは明日8/20(月)まで!本稿を読んでいるような方でiPhone/iPad/iPod touch(の最近のやつ)を持っているならiKaossilator位は持ってそうな気もしますが、未だの方は是非。iELECTRIBE/iMS-20/iKaossilatorが対象です。

iKaossilator var 2.1:オーディオループインポートに対応

 「あなたの電話機が誰にでも弾けちゃうシンセサイザーにもなるんです。そう、iPhoneならね」でおなじみのiKaossilatorのバージョンアップがアナウンスされました。このバージョンアップはkaossilator 2の発表時に予告されていたものです。その内容は以下の3点。


・オーディオループインポート機能を搭載
・kaossilator 2とのシームレスな連携を実現
・AudioPasteに対応

 「オーディオループインポート」機能は外部で作成したオーディオループをikaossilatorに取り込む機能。「kaossilator 2とのシームレスな連携」というのは、kaossilator 2で作成したループをインポートする際には、BPM・LENGTH情報を簡単に引き継げます。というもの。

 ブロガーズミーティングの際にはこれに加えて「コード情報も引き継ぐ」というお話を聞いていましたが、今回のアナウンスには含まれていません。削除されたのか、「ループの長さ(Length)やBPMなど」とある「など」に含まれているのかは不明(確認できしだい追記します)

 iPhone/iPodがiTunesの使用を前提としているため、転送にPCが必要となってしまうのは残念ですね。

 もう一つの「AudioPaste対応」は、iOSで使用できる音声データ専用のクリップボードみたいなもので、対応するソフト間(例えばiMS20等)で音声データのやりとりが可能となるものです。手軽さで言うとこの機能が一番便利に使えそうですね。

 iKaossilatorは価格1,700円(5/7までセールにより850円)で販売中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。